ブランド.png
  • ツイッター - ホワイト丸
ロゴ.png
Copyright© Dusk All Rights Reserved.

(シナリオ抜粋:すまたで触れあう)

 

「ふっ、あ……!」

バルドが腰を揺すると、太い竿の部分で陰唇全体がこすられる。

さっき達したばかりなのもあって、腰を引く動きに誘われたように愛液が溢れた。

バルド「んっ……く! こうしていると、本当にお前を抱いているようだな……」

バルド「お前の愛液で、私のものが濡れ光っていて……とてもそそられる」

私からは見えないから、余計に恥ずかしくなった。

羞恥心と快感がないまぜになって、いっそう吐息が荒くなる。

揺らされている私の体から、ぽたりと汗が落ちた。

バルドも同じくらい興奮しているのか、綺麗なラインの顎を汗が伝う。